看護師の技量が知りたい

国民の為に総医療費を削減するには、いったいどの様な対策が必要なのでしょうか。ある時、一橋大学の教授が日経新聞で連載している記事を読んだ事があるのですが、その中に気になる事が書いてありました。特に強調していたのが、受給者である一般市民の患者と医療供給者である医師や患者との間の情報が非対称になっているというところです。

手っ取り早くいってしまうと、医師や看護師の方は、患者の情報をしっか把握しています。ところが患者さん側の方は、どんな医師や看護師が自分と接するのかについてまったく情報を知ることができないと言う事なのです。

確かに医師免許を持ってさえすれば、患者の方はみんな同等に扱う傾向にあります。ましてや診療報酬についても、医師の技量によって変わるなどと言う事は聞いたことがありません。記事の中において、これは現代の一般的な経済活動や社会の常識から外れてしまっていると言っているのです。

これは看護師についても同じ事が言えるのではないでしょうか。患者さんからみたら、その看護師さんがどの位、優秀なのかそうでないのかを判断するのは難しいと思います。看護師の免許を持っている事で、みんな横一列に並んでしまうというのが現状となっているようです。もちろん、患者さんとのコミュニケーションなどで、この看護師は優秀だなと感じる時もあるかもしれません。ですが、それはあくまでも患者さんへの接し方が上手というだけの判断なのであって、その看護師さんの看護技術能力や医療知識が本当に優秀であるのかどうかに対してまでは、わからないと思います。

これは採用する側の医療施設やそこの医者が、採用される側の看護師や医師をどう見極めるのかという事に対しても同じことが言えるのではないかと思うのです。

ですから、これからは医療施設の医師や看護師の履歴や懲罰などの情報が、患者側にしっかりと開示されるようなシステムをつくってゆくべきなのではないかと思います。

医師や看護師もその人それぞれの技量によって差別化を行う事により、安心して患者が医療を受けられるようになるのではないかと思います。また医師や看護師も、向上意識が高まってくるのではないかと思います。

  • ≪明石市の看護師求人探しに外せない3サイト≫
  • 【優良求人】明石市看護師へお勧めのサポートサイト
  • 津市の看護師必見!看護師求人はここで探す!

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ