看護師の彼女

もう20年近く前の話になってしまうが、私が初めて付き合った女性は看護師だった。
同い年で手術室の勤務だった。
なので休みの日は今から見れば古いがポケットベルを携帯してのデートだった。
そして、実際デート中に呼び出されることもあった。
よく看護師は「気が強い」と言われるが、彼女も例にもれず相当気が強かった。
当時は和歌山市に住んでいたのだが、兵庫県の城崎に1泊旅行に行ったり、姫路のセントラルパークに行ったりとすごく楽しい日々を過ごすことができた。
また実は奥手であった私にとって、「初めての女性」でもあった。
彼女は、はにかむ私を「かわいい」と言ってくれて優しく教えてくれた。
私は彼女のことがどんどん好きになり、「この子と結婚して幸せにしてあげよう」と固く心に誓うようになった。
しかし、私がそのような感情を抱くようになってからほどなくして彼女から「別れたい」との連絡があった。
彼女の方は私と付き合ううちに「性格が合わない」と感じるようになっていたのだ。
すぐには納得できなかったが、仕方がなかった。
私は泣く泣く別れることを承諾した。
そして彼女はしばらくして結婚した。
おそらく他に好きな人ができたので、別れ話を持ち出してきたのだと思う。
でも私は怒る気にはなれず、純粋に彼女の幸せを祝福する気持ちになった。
それは今思い出しても同じである。
彼女がどこかで幸せに暮らしていることを願っている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ