救急の看護師の枠は少ない

私は、看護学校卒業後3年で救急対応のある病院へ転職しました。救急対応をする看護師の部署に配属され最初は戸惑いながらも頑張って仕事をしていました。それから5年後、主人が転勤になるタイミングで結婚をしその病院を退職しました。転勤先で早速救急のある病院の看護師求人を探したのですが、私が住んでいた地域に救急対応をしている病院がなかったため、通勤に40分くらいかかる病院へ就職しました。私としては救急対応の看護師として特にこだわりはなかったのですが、採用する方としては「他にあるでしょ」と言う感じでなかなか採用されませんでした。転勤でその地域に行っただけなので病院のことなどもあまり知らずに新居を決めてしまったことを後悔しました。救急対応の看護師はどうしても夜勤があるためできれば家から近いところの病院がよかったです。救急対応をしている病院はどうしても数が少ないため看護師の枠も少ないです。また、救急対応をしている病院は大規模病院なことが多いです。そのためたくさんの看護師が働いているためどうしても気の合わない人もいます。どうしても看護師はまだ女性が多いので、そういう人間関係が大変だったりこじれてしまう場合も多かったです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ